古賀市「核兵器禁止条約の早期締結を求める署名」を実施

 

原水爆禁止粕屋・宗像地区会議は、毎年粕屋・宗像の各自治体に対して核廃絶・平和行政に関する要請行動を行なっています。

今年は7月17日古賀市役所を皮切りに10自治体の要請をおこなっていきます。
当日は、労働団体、解放同盟、社民党などが参加し、「住民に非核自治体である事をアピールし、非核・平和行政を進める事」「非核宣言自治体として日本政府および核保有国に核廃絶を求める行動を起こすこと」などを要請しました。
古賀市からは、平和首長会議が行っている「核兵器禁止条約」の早期締結を求めるインターネット署名に取り組んでいると表明されました。

実行委員会はこうした取り組みがさらに大きく広がるよう今後とも要請行動の取組みを進めていきます。
今年の平和行進は7月27日(金)午後2時より篠栗町役場前から粕屋町まで行進します。

ことのほか暑い日が続きますが、近隣の方是非ご参加ください。一緒に平和をアピールしながら歩きましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれないコメントは受け付けておりません

Top