全国比例候補 福島みずほ 東海道・山陽・九州新幹線ずんずん街宣ツアー in 博多 @mizuhofukushima

福島みずほ 候補

 

2016年6月28日(火)・29日(水)の期間で「東海道・山陽・九州新幹線ずんずん街宣ツアー」が実施され、29日(水)JR博多シティにて、全国比例 福島みずほ 候補による街頭演説が行われました。
「東海道・山陽・九州新幹線ずんずん街宣ツアー」は、全国各地の社民党候補者をはじめ、野党共闘統一候補のジョイント応援のための新幹線・周辺沿線を使った弾丸ツアーです。
2日目のJR博多シティは、実に15駅目でした(三島、静岡、豊橋、名古屋、京都、高槻、天王寺、京橋、梅田、三ノ宮、岡山、広島、新山口、小倉、博多、熊本)。

あいにくの空模様でしたが「アメニモマケズ、アベニモマケズ」、福岡の支援者、安保関連法に反対するママの会などの市民団体のみなさま、一般市民や大学生、障がい者の方たちなどなど、たくさんのいろんな人たちにお集まりいただきました。

 

 

青江三奈さんばりのハスキーボイスで福島みずほ 候補は、博多駅前で力いっぱい次のように訴えました。

 

安倍政権によって、派遣法改悪やホワイトカラーエグゼンプションなどの労働破壊の問題、社会保障費毎年5,000億円減額の問題、「アベノミクス」の欺瞞性、1%の政治か99%の政治か、憲法改悪の問題などなど、私たちの生活や権利をことごとく壊してきた。

サルトル曰く、「金持ちが戦争をして、貧乏人が死ぬ」、格差拡大と貧困は戦争の温床であること。

将来の若者たちに引き継ぎたいものは戦争でしょうか?それとも、平和でしょうか?希望でしょうか?
私たち市民の力で、将来の若者たちに平和と希望と未来をいっしょに創っていきましょう。

自民党はかつて戦争をしないという知恵を持った政党だった。
しかし、自民党支持者の人たちに言いたい。
ぜひ社民党を支持してくださいと。
なぜなら、自民党支持者のみなさんが好きだった「戦争をしないという知恵を持った自民党」は、いまやもうどこにも存在しないからです。

子どもたちを愛し、人生を愛し、社会を愛するすべてのみなさん、私たちの民主主義を傷つけ続ける安倍政治をやめさせる狼煙を、この参議院選挙でいっしょに上げましょう。

新しく立ち上がった人たちやこれまで長年闘ってきた人たちが力を合わせて、新しい未来と新しい政治をつくるため、ワクワクするような楽しい新しい社会運動のうねりを全国に発信していこうではありませんか!

 

7月10日(日)参院選投票日に向けて、福岡選挙区 たけうち信昭 候補をはじめ、全国比例 福島みずほ 候補、吉田ただとも 候補は全力でがんばりますので、ご声援よろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれないコメントは受け付けておりません

Top